FXの主流は、短期トレードです。一

FXの主流は、短期トレードです。一般的に、デイトレと呼ばれています。
デイトレの「デイ」とは、日本時間での0時から24時ではなく、ニューヨークの時間になります。
要するに、世界の金融は、ニューヨークを中心として動いているというわけなのです。
短期トレードは価格が急変する危険性が低くなりますが、その分、利益を大きく得るのも難しくなります。
外貨預金とFXの差異に、レバレッジや元本保証の利用などが挙げられます。外貨預金というのは銀行へ預け入れるお金ですから、基本的に元本は保証がされます。

レバレッジの利用がFXでは可能で、手持ち資金の数十倍以上の金額で運用できますが、逆に大損が起こることもあるので、高いリスクともなるのです。FXで勝つ秘訣は事前に利益確定や損切のルールを設定しておくことです。万一、設定していないと、損益がプラスの時にどの水準までポジションを持ち続けていいか決断が難しくなりますし、損失が発生しているケースでは、決断ができなくなってしまって、損失額が増大する危険性があります。

株売買には現物株といった方法以外にも多様な投資方法があります。そのうちの一つがオプションです。このオプションは買う権利のコールとプットといった売る権利とがあって、めいめいに売買でき、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。

ものすごく魅力のある投資法ですが、それなりの知識が必要となります。FXなら、レバレッジをかけられるということもあって、自分の予想とは逆に動いたときには、損切りを余儀なくされてしまう場合が多々あると言えます。いっぺんに手元にあったお金が底をついてしまうといったことも、多くあります。しかし、FXは株よりも効率よく利益を出していけるといったことは言えるかもしれません。

利益を一発勝負ではなくて、続けて得られるようなFXでの立ち回りを考えてみるとなると、前もってのシミュレーションは必要ですし、利益を出している人の多くが実際に行っていることだと考えられます。

それには自動取引用のソフトを使ってバックテストを行うことが最も容易なので、早めに導入することが勝つためのポイントです。
外国為替証拠金取引投資での予測が外れ続けると、その資金の減少分を元に戻すために自分の意図した以上にお金を使ってしまう人もたくさんいます。

その結果、大きな損失を被る可能性があるので、FX講座には使う予定のないお金を入れないようにしましょう。これは口座に当面必要ないお金も入れてしまうと、まだ余裕があると錯覚して投入する予定のないお金まで投入してしまう虞があるからです。

FXを始めたばかりの人は知識も経験もないので、負けることが多々あります。

FXを始めたばかりの人が負けないためには、損切りのポイントを設定しておくというのが重要です。
また、1度きりの取引ではなく、総合の損益を考えた方がよいです。

9回の取引においては利益があっても1度の大きな損失でマイナスにもなることがあるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ